マガジンのカバー画像

ほぼ日刊GPTsマガジン

66
GPTsラボのメインコンテンツです。優秀なGPTsの作り方や、本当に便利なGPTの使い方など、GPTs のもつ無限大の可能性を探っていきます。
運営しているクリエイター

記事一覧

【2024年2月18日-2月24日】今週の特集GPTを一挙紹介

今回は、GPTストアで毎週更新されている特集GPTを4つご紹介します。それぞれの使い方とポイントを見ていきましょう!

GPTsラボメン限定GPTコンテスト& GPTsハッカソン@note place 入賞作品一挙紹介!

はじめに皆さま、大変お待たせいたしました。 ついにGPTsラボメンバー限定で開催したGPTコンテスト、そしてnote placeで開催した GPTsハッカソンの結果が決定いたしました! 書籍の執筆作業や、シリコンバレー出張、OpenAIからの動画生成AIモデル「Sora」やGoogleからの「Gemini Pro 1.5」など、予定外のタスクが多く発生したため、発表が遅延してしまい、大変申し訳ございませんでした。 素晴らしい作品を投稿してくださった皆様、 本当にありがと

【コピペでOK】Google Form を一発で作成!"フォーム作成GPT"の構築

この記事では、Google Apps Script (GAS) を利用して、Google Formを自動で作成するGPTの構築方法を紹介します。 このシステムを活用することで、アンケートやフィードバックフォームの作成作業を大幅に効率化し、貴重な時間を節約することが可能になります。 たとえば、「ChatGPT利用状況についての調査フォームを作成して」と指示するだけで、適切に質問が考えられたGoogle Formが自動で作成されます: こちらが実際に作成されたGoogle

有料
1,000

最新動画生成AI"Sora"に対応したGPTsが続々登場してたので使ってみた!

はじめに本日早朝、OpenAIから最新の動画生成モデルである"Sora"が発表され、そのモデルのレベルの高さで一世を風靡しました。 なんと、GPTストアには既に無数の"Sora"と称したGPTsが挙げられており、トップに上がるものはほぼ全て先ほど述べたSoraモデルに紐づけられているGPTsになっています。 今回は、そのような"自称Sora"GPTsが、実際何をできるのかを検証してみます。 使ってみた

簡単にフローチャートを作成できるGPTsと、その活用方法をご紹介!

はじめに今回は、GPTストアにてトップで特集されているGPTsである【Whimsical Diagrams】を紹介します。 シーケンス図、マインドマップ、フローチャートを使用して、複雑なトピックを視覚的に図にして、アイデアを可視化することに特化したGPTです。 解説作成できる図の種類

【半分の時間で倍学ぶ】フラッシュカードを一瞬で作成するAnkiX GPTを紹介

大量のPDFから埋もれた答えを即座に発見するAi PDF GPTをご紹介

OpenAI公式による「GPTsの伸ばし方」

はじめにOpenAIの公式サイトに「一体OpenAIがどのようにしてストアで"Feature"されているGPTsを選んでいるのか」の公式見解が掲載されました。さらに、自分の作成したオススメGPTsを、OpenAIに提出するフォームも掲載されています。 今回は、この2点について解説していきます。 解説特集GPTsの選び方

Miroへの出力にも対応!4つの可視化方法を提供する最強の図解GPT

海外のGPTsを見てみよう~韓国編~

はじめに皆さんが使っているGPTsは、どこの国の人が作ったものですか? 実際、かなり最新情報を追っている人でも、日本語と英語圏のものが大半なのではないでしょうか?GPTストアの仕様的にも、英語圏以外の海外製GPTsはかなり探しづらくなっています。 そこで、GPTsラボでは今後複数回に分けて、それぞれの国で伸びているGPTsをご紹介していこうと思います。 今回は、お隣の韓国産GPTsを紹介していきます! 韓国GPTs紹介

Hugging Face製のシン・GPTストアが開設!本家と異なる点は?

はじめにGPTストアが開設されてから、はや1ヶ月が経とうとしています。GPTストアはGPTの可能性を多いに広げましたが、それと同時にOpenAIの強力な規制や有料版でしか使えない点など、問題点もいくつか存在します。 今回は、そのようなGPTストアが抱える問題点を解消できる新たなストアがHuggin Faceから公開されたので、そちらを紹介します! 紹介

ブログタイトルからサムネイルを作成してくれる「サムネイル作成GPT」の作り方

本記事では、GPTsにファイルを事前に与えることができる、ナレッジ機能を利用し、note記事で使用できるサムネイルを作成するGPTsの作成方法について紹介します。 このGPTを使用することで、質の高いサムネイルを効率的に作成できます。 例えば、以下のように記事のタイトルを入力するだけで、サムネイルを出力してくれます: 実際のサムネイル:

有料
500

【時短ライフハック】YouTube動画を1分以内に要約してくれるGPTを紹介

勝手に議論を展開して答えを出してくれる円卓会議GPTを紹介