見出し画像

Microsoft が GPT-4搭載の 365 Copilotを発表:AIが切り開く新しい働き方

2023年3月16日、マイクロソフトは、OpenAIのGPT-4を搭載した、「Microsoft 365 Copilot」を発表しました。Copilotは、執筆、編集、要約、作成、データ分析、会議のメモなど、一連の強力な機能と利点を備えており、テクノロジーとの関わり方や仕事の進め方を再定義する準備が整っています。Copilotがどのように生産性を向上させ、人間の可能性に新たな波を起こすか、ぜひご覧ください。

Microsoft 365 Copilot の使い方

現在は、残念ながら一般のユーザーはMicrosoft 365 Copilotを使用することはできず、少数の企業でCopilotをテストが行われているようです。しかし、年内には一般ユーザーも使えるようになるようです。

Microsoft 365 Copilot でできること

Microsoft 365 Copilotの多彩な機能は幅広い層に対応し、様々なタスクやシーンに欠かせないツールとなっています。ここでは、導入後の主な機能をご紹介します。

会議への瞬時の準備:Microsoft 365 Copilotによる効率化

Copilotはカレンダーや電子メールと統合し、今後の会議で重視する箇条書きを簡潔に生成します。これにより、プロフェッショナルは、日々のタスクを整理し、しっかりと準備することができます。

文書作成の革新:既存コンテンツからの自動生成

Word 内で、「製品案内を生成する」といったプロンプトを入力し、既存の製品仕様書とリンクさせるだけです。Copilotはその文書を読み、文脈に沿った正確な製品案内文章を生成できます。

魅力的なプレゼンテーション:CopilotによるPowerPoint生成

スライド数、スタイル、内容を指定することで、Copilot がスタイリング画像を含む PowerPoint プレゼンテーションをデザインできます。この機能は、視覚に訴えるプレゼンテーションを素早く作成する必要があるプロフェッショナルにとって、非常に貴重なものです。

データ分析の進化:自然言語でExcelを活用

Copilotでは、「今期最も収益性の高い製品は何?」といった自然言語による質問を行うことができるため、Excelでのデータ分析が簡単になります。Copilotが答えを生成するので、複雑な計算式は必要ありません

会議の記録完全対応:自動議事録作成で情報ロスなしの時代へ

CopilotはMicrosoft Teamsと統合されており、会議を自動的に書き起こし要約メモ、アクションアイテム、タスクをキャプチャします。これにより、チームの連携が強化され、重要な情報が失われることがなくなります

最後に

いかがだったでしょうか? Microsoft 365 Copilot の一般公開により、私たちの働き方が、大きく変わるような気がしました。これからも継続的に ChatGPT/AI 関連の情報について発信していきますので、フォロー (@ctgptlb)よろしくお願いします。この革命的なテクノロジーの最前線に立つ機会をお見逃しなく!

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!