見出し画像

ChatGPTが眼を持った!GPT-4Vの衝撃と活用事例50選

2023年9月25日、OpenAIはChatGPTの新機能としてGPT-4Vを公開しました。このアップデートによりChatGPTは画像を読み取りと応答ができるようになり、AIの活用の幅を大きく広げるものとなっています。本記事では、GPT-4Vの使い方と、Xで共有されたGPT-4Vの活用法50選をご紹介します。


使い方

  1. ChatGPT Plusに登録が必要です。(ただし、機能は登録ユーザーの中から段階的に提供されているため、すぐに使えない場合があります。)

2 . 左下のカメラのマークからChatGPTに提供したい画像を撮影、または隣の写真のマークをクリックして、カメラロールから画像を選択することもできます。

3 . あとは、ChatGPTに伝えたい内容をテキストで入力するだけです。

さて、ここからはこのGPT-4Vの機能を活用してできること50選をご紹介してきます。それでは早速見ていきましょう!


ChatGPTなどのAIに関する情報交換議論に参加したいという方に向けてChatGPT研究所メンバーシップを開始しました!興味がある方は以下のリンクからご参加ください!


1. 宿題を代わりにやってもらう

2. グラフからCSVデータを出してもらう

3. ドル円チャートを読み取ってもらう

4. 写真撮影の改善アドバイスをもらう

5. カロリー推定をお願いして栄養管理してもらう

6. 画像からソフトウェアを作ってもらう

7. 画像からSwiftUI のコードを生成してもらう

8. 写真から阪神が優勝したという事象を当てさせる

9. 絵画を上達するためのツールとして使う

10. 視覚障害者のために画像から状況を説明してもらう

11. (失敗)CAPTCHAを突破できるか試してみる

12. (失敗)クロスワードパズルを解かせてみる

13. 読みにくい手書きの文字を読んでもらう

14. 複雑な道路標識を読み取ってもらう

15. 楽譜を解説してもらう

16. 有名錯覚画像を判定させてみる

17. 複数の画像の類似点を探してもらう

18. 電卓アプリの画像からHTML,CSS,JSを実装してもらう

19. 海外のよくわからないミームを解説してもらう

20. クラス図から実際のコードに落とし込んでもらう

続きをみるには

残り 1,111字

「ChatGPT研究所」にメールアドレスを提供