見出し画像

サム・アルトマン電撃解任劇のすべて

昨日の朝起きたら目を疑いました。

11月18日、OpenAI創業者、サム・アルトマンは突如、取締役会により、OpenAIのCEOを解任されました。

後任の暫定CEOは、元CTOのミラ・ムラーティが務めます。

これは、以下の公式ブログによって発表されました:

情報が錯綜して、混乱している人も多いと思うので、なるべくわかりやすく、現在わかっていることをまとめます。

事実と予測などを分けて表示します。


公式ブログからわかること

まず以下がサムアルトマン解任についてのOpenAI公式ブログの翻訳文です。

OpenAIのリーダーシップ移行に関する翻訳全文

最高技術責任者ミラ・ムラーティがOpenAIを率いる暫定CEOに就任;サム・アルトマンが会社を去る。

恒久的な後任者を見つけるためのプロセスが進行中。

非営利団体501(c)(3)として活動するOpenAI, Inc.の取締役会は、本日、サム・アルトマンがCEOを辞任し、取締役会を離れることを発表しました。同社の最高技術責任者であるミラ・ムラーティが、即日効力を持って暫定CEOを務めることになります。

OpenAIのリーダーシップチームのメンバーとして5年間、ミラはOpenAIがグローバルなAIリーダーに進化する上で重要な役割を果たしてきました。彼女は独自のスキルセット、会社の価値観、運営、ビジネスへの理解を持ち、すでに会社の研究、製品、安全機能を率いています。長期にわたる在籍期間と会社のすべての側面、特にAIのガバナンスとポリシーに関する経験に密接に関わってきたことから、取締役会は彼女がこの役割に特に適任であると考え、恒久的なCEOを正式に探す間、スムーズな移行が行われることを期待しています。

アルトマン氏の退職は、取締役会による慎重なレビュープロセスの後に行われ、彼が取締役会とのコミュニケーションで一貫して率直でなかったため、取締役会がその責任を果たす能力が妨げられたと結論づけられました。取締役会は、彼がOpenAIを引き続き率いる能力を信頼していません。

取締役会は声明で次のように述べています。「OpenAIは、人工汎用知能が全人類に利益をもたらすことを確実にするための使命を推進するために意図的に構築されました。取締役会はこの使命を果たすために完全にコミットしています。私たちは、OpenAIの設立と成長へのサムの多大な貢献に感謝しています。同時に、私たちは前進するにあたり新たなリーダーシップが必要であると考えています。会社の研究、製品、安全機能のリーダーとして、ミラは暫定CEOとしての役割を担うのに非常に適任です。私たちは彼女がこの移行期間中にOpenAIを率いる能力を最大限に信頼しています。」

OpenAIの取締役会は、OpenAIの最高科学責任者イリヤ・スツケヴァー、独立した取締役であるQuoraのCEOアダム・ダンジェロ、技術起業家のターシャ・マッコーリー、ジョージタウンセンター・フォー・セキュリティ・アンド・エマージング・テクノロジーのヘレン・トナーで構成されています。

この移行の一環として、グレッグ・ブロックマンは取締役会の議長を退任し、CEOに報告する役職で会社に留まります。

OpenAIは2015年に非営利団体として設立され、人工汎用知能が全人類に利益をもたらすことを核とする使命を持っています。2019年、OpenAIはこの使命を追求するために資金を調達できるように構造を変更し、非営利団体の使命、ガバナンス、監督を維持しました。取締役会の過半数は独立しており、独立した取締役はOpenAIの株式を保有していません。会社は劇的な成長を遂げていますが、OpenAIの使命を推進し、その憲章の原則を守ることは、取締役会の基本的なガバナンス責任のままです。

執筆者
OpenAI

ブログからわかる重要な事実がこちらです:

  • OpenAI創業者、サム・アルトマンはCEOを辞任

  • CTOであるミラ・ムラーティが即時に暫定CEOに就任

  • OpenAI は恒久的な後任CEOを探している

  • グレッグ・ブロックマンは取締役会の議長を退任

  • OpenAI の取締役会はOpenAIの最高科学責任者イリヤ・スツケヴァー、独立した取締役であるアダム・ダンジェロ、ターシャ・マッコーリー、ヘレン・トナーで構成されている


OpenAI の組織構造

ここで、なぜMicrosoftが49%もの株式を持っていながら取締役会に参加していないのかを疑問に持つ人も多いと思います。

これは、非常に複雑な組織構造によるものです。以下がOpenAIの組織構造です。

https://openai.com/our-structure

詳しくは、以下のブログをご覧ください:

重要な点は以下です:

  • OpenAIはもともと非営利組織として設立され、全人類の利益のために安全で有益な人工汎用知能(AGI)の構築を目指している。

  • 2019年に、OpenAIは「キャップ付き利益」構造を発表。これにより、非営利組織と新たに設立された営利子会社が共存する構造が形成された。

  • OpenAI非営利組織は、全体的な統治機関として機能し、営利子会社の活動を監督する。

  • 営利子会社は非営利組織の使命を法的に追求する責任を負い、AGIの研究、開発、商業化を担当する。

  • 営利子会社の株式構造には、投資家と従業員への財務リターンの上限が設定されている。

  • OpenAI非営利団体は、営利子会社を完全にコントロールし管理している。

  • マイクロソフトはOpenAIとの戦略的パートナーシップにおいて重要な役割を果たしており、数十億ドルの投資が含まれるが、OpenAIは独立して運営されている。

  • OpenAIの取締役会はグレッグ・ブロックマン、イリヤ・スツケヴァー、サム・アルトマン、アダム・ダンジェロ、ターシャ・マッコーリー、ヘレン・トナーで構成されている。(現在はグレッグ・ブロックマン、サム・アルトマンは解任)


元々の取締役会は6人だったため、サムアルトマンとグレッグ・ブロックマン以外の4人全員がこの決断を支持したことを意味する。

サムアルトマンおよびグレッグ・ブロックマンの発言:

OpenAI CEO サムの発言

(6:46 AM · Nov 18, 2023)
OpenAIでの時間は本当に愛おしかったです。それは私自身にとって変革的な体験であり、願わくば世界にも少し影響を与えたことでしょう。何よりも、才能ある人々と一緒に働けたことが最も素晴らしかったです。

次に何をするかについては、後ほど詳しくお話しします。

🫡

https://twitter.com/sama/status/1725631621511184771

(2:05 PM · Nov 18, 2023)
皆さん、愛しています。

今日は多くの意味で奇妙な体験でした。しかし、予期せぬことの一つは、まるで自分がまだ生きているうちに自分の追悼文を読んでいるような感じでした。愛情の表現は素晴らしいものです。

一つの教訓:友達にどれほど素晴らしいと思っているか伝えてみてください。

https://twitter.com/sama/status/1725742088317534446

(2:32 PM · Nov 18, 2023)
もし私が暴れだしたら、OpenAIの取締役会は私の株を全額買い取るよう求めてくるはずだ。

https://twitter.com/sama/status/1725748751367852439

2023年6月のサムアルトマンのインタビューでの発言

ここでは誰も信用すべきではありません。私は特別な投票権を持っていません。解雇される可能性があることを望んでいます。それが重要だと思います。長い目で見れば、取締役会は人類全体に民主化されるべきだと思います。それを実現する方法はたくさんあります

https://twitter.com/thecscafe/status/1725860229911310554?s=20


元取締役会議長、グレッグ・ブロックマンの発言

(9:09 AM · Nov 18, 2023)
·今日ニュースを知って、私がOpenAIのチームに送ったメッセージはこれです:
みなさんこんにちは、

私たちが一緒に築き上げてきたものに、私はとても誇りを感じています。8年前、私のアパートで始めて以来、厳しい時も素晴らしい時も共に過ごし、不可能だと思われた多くのことを成し遂げてきました。

しかし、今日のニュースを受けて、私は辞めます。

心から、皆さんの幸せを願っています。人類全てに利益をもたらす安全なAGIを創造するというミッションを信じ続けています。

https://x.com/gdb/status/1725667410387378559


(1:42 PM · Nov 18, 2023)
私たちサムと私は、今日取締役会が行ったことに衝撃を受け、悲しんでいます。

まず最初に、OpenAIで共に働いたすばらしい人々、私たちの顧客、投資家の皆さん、そして連絡を取ってくださったすべての方々に感謝を申し上げたいと思います。

私たちもまだ、実際に何が起こったのかを理解しようとしています。ここに私たちが知っていることをお伝えします:

- 昨夜、サムはイリヤから金曜日の正午に話をしようというテキストを受け取りました。サムはGoogle Meetに参加し、グレッグを除く全取締役がそこにいました。イリヤはサムに、彼が解雇され、そのニュースが非常に間もなく発表されると伝えました。

- 午後12時19分に、グレッグはイリヤから簡単な通話のためのテキストを受け取りました。12時23分には、イリヤからGoogle Meetのリンクが送られてきました。グレッグは、彼が取締役会から外されること(しかし会社にとって重要で役割は維持される)と、サムが解雇されたことを告げられました。ほぼ同じ時刻に、OpenAIはブログ投稿を公開しました。

- 私たちの知る限り、経営陣はこれをすぐに知らされたようですが、ミラだけは前の夜に知らされました。

サポートの嵐が本当に心強いです。ありがとうございますが、心配する時間を使わないでください。私たちは大丈夫です。もっと素晴らしいことがもうすぐやってきます。

https://x.com/gdb/status/1725736242137182594

彼らの発言からわかること

  • 二人には、全く内容が知らされておらず寝耳に水の話であった

  • イリヤ・スツケヴァーはGoogle Meetを使っている

  • グレッグ・ブロックマンはサムに続いてやめる

  • OpenAIは8年前にグレッグ・ブロックマンのアパートで始まった

  • サム・アルトマンとグレッグ・ブロックマン何か新しいことをしようとしている

マイクロソフトからの声明

マイクロソフトもこの退任劇については、直前に知らされたということになっています。

マイクロソフトおよび、マイクロソフトCEOのSatya NadellaはOpenAIのブログが発表されたのちに、以下の声明を発表しています。

今週のMicrosoft Igniteでご覧いただいたように、私たちはこのAIの時代のために急速に革新を続けており、AzureのAIシステム、モデル、ツールからCopilotに至るまで、技術スタック全体で100以上の発表を行っています。最も重要なことは、私たちはこれらすべてをお客様に提供すると同時に、将来のために構築することにコミットしているということです。私たちはOpenAIとの長期的な合意を結んでおり、私たちの革新アジェンダを遂行し、エキサイティングな製品ロードマップを提供するために必要なすべてに完全にアクセスできます。そして、私たちは私たちのパートナーシップ、そしてミラとそのチームに対して引き続きコミットしています。共に、私たちはこの技術の意義深い利益を世界に届け続けるでしょう。

https://blogs.microsoft.com/blog/2023/11/17/a-statement-from-microsoft-chairman-and-ceo-satya-nadella/

・マイクロソフトは、OpenAI との長期パートナーシップについて強調


現従業員の動向について

現在 OpenAI にいる従業員の反応についてもいくつかご紹介します。

以下の3名は、OpenAI を退社すると見られています。
・ヤクブ・パコキ(Jakub Pachocki): 研究部門ディレクター
・アレクサンダー・マドリー(Aleksander Madry):AIリスク評価チームのリーダー
・シモン・シドー(Szymon Sidor):7年OpenAIに携わる研究者

ミラがOpenAIのCEOについて肯定的に見る従業員もいます:

この先どうなるんだろうと思っている人たちへ、答えは、我々は開発を続けるということだ。サムと、グレッグはマイクロマネージャーではなかった。それは、ここにいる多くの天才的な研究者たちによるものです。私たちはより大きな使命のためにここにいるのだという、リーダーたちの明確な内部統一があります。

https://twitter.com/E0M/status/1725721507161395415?s=20


イリヤ・スツケヴァーは何者か?

今回の退任劇を主導したとみられている、イリヤ・スツケヴァー氏は何者でしょうか?

イリヤ・スツケヴァー(Ilya Sutskever)についての概要

  1. 出身と教育:

    • イリヤ・スツケヴァーは、1985/86年にロシアのニジニ・ノヴゴロドで生まれたイスラエル系カナダ人のコンピュータ科学者です。

    • トロント大学でコンピュータサイエンスの博士号(Ph.D.)を取得しました。

    • スタンフォード大学でアンドリュー・エングのグループでポスドク(博士研究員)として活動していました。

  2. 職歴と業績:

    • OpenAIの共同創業者であり、現在はチーフサイエンティストを務めています。

    • グーグルの「Google Brain Team」で研究科学者として3年間活動しました。

    • AIとディープラーニングの分野で重要な貢献をしており、AlexNetやSequence to Sequence Learning、AlphaGo、TensorFlowの共同開発者の一人です。

  3. OpenAIとの関わり:

    • OpenAIは、人類全体に利益をもたらす人工汎用知能(AGI)の構築を目指す研究機関です。

    • スツケヴァーは、OpenAIでの研究を率いており、GPTモデルの背後にいる主要な設計者の一人です。

  4. 研究と影響:

    • ディープラーニング、ニューラルネットワーク、自然言語処理(NLP)、コンピュータビジョンなどの分野で多大な貢献をしています。

    • 特に、リカレントニューラルネットワーク(RNN)、長短期記憶(LSTM)などのアーキテクチャの研究で知られています。

  5. AI倫理と安全性:

    • AIの倫理と安全性に関するガイドラインの策定や研究の推進に取り組んでいます。

イリヤ・スツケヴァーは、AI技術の進歩に大きな影響を与え、OpenAIの共同創業者として、AIの長期的な発展に寄与しています。彼の業績は、AIコミュニティにおいて非常に尊敬されており、ディープラーニングとAIの分野で重要な役割を果たしています。

参考文献一覧
[1] Ilya Sutskever - Wikipedia
(https://en.wikipedia.org/wiki/Ilya_Sutskever)
[2] Ilya Sutskever's home page - Department of Computer Science, University of Toronto
(https://www.cs.toronto.edu/~ilya/)
[3] Ilya Sutskever | Stanford HAI
(https://hai.stanford.edu/people/ilya-sutskever)
[4] ILYA SUTSKEVER, Co-Founder and Chief Scientist, OpenAI
(https://www.ai-event.ted.com/speakers/ilya-sutskever)
[5] Ilya Sutskever Bio, Age, Family, Education, Net Worth, OpenAI - BiographyScoop
(https://biographyscoop.com/ilya-sutskever/)

The Guardian によるイリヤ・スツケヴァー氏のインタビュー動画

以下の The Guardian のイリヤ・スツケヴァー氏のインタビュー動画は、必見の内容であり、AGIに関する説明を伴うものです。これは、ChatGPTリリース前に撮影されました。下記に翻訳文も書きました。

AIは素晴らしいものです。
なぜなら、AIは私たちが今直面しているすべての問題を解決するでしょう。
雇用を解決し、病気を解決し、貧困を解決します。
しかし、新しい問題も生み出すでしょう。
偽ニュースの問題は100万倍悪化するでしょう。
サイバー攻撃ははるかに激しくなります。
完全自動化されたAI兵器が登場するでしょう。
AIは無限に安定した独裁政権を生み出す可能性があると思います。
今朝、人工知能の力に関する警告がありました。
1,300人以上の技術業界のリーダー、研究者、その他の人々が、リスクを考慮するために人工知能の開発を一時停止するよう求めています。
神を演じることについて、科学者たちはしばらくの間、神を演じていると非難されてきましたが、私たちはこれまでに作り出したものとは全く異なる何かを創造しているという実感があります。
ええ、私たちは間違いなく、自分自身の目標を持つ完全に自律的な存在を創り出すことができるでしょう。
これらの存在が人間よりもずっと賢くなるにつれて、これらの存在の目標が私たちの目標と一致することが非常に重要になるでしょう。
何に刺激を受けるかと言えば?
私は非常に基本的な、根本的なことについて考えるのが好きです。
私たちのシステムができないが、人間は確実に行っていることは何か?
ほとんど哲学的にアプローチします。
「学習とは何か?」「経験とは何か?」「思考とは何か?」
「脳はどのように機能するのか?」といった質問です。
技術は自然の力だと感じています。
技術と生物学的進化の間には多くの類似点があると思います。
生物学的進化の仕組みは理解しやすいです。
突然変異があり、自然選択があります。
生き残った良いものを保ち、このプロセスを通じてあなたの生物に膨大な複雑さが生まれます。人間の体の仕組みを理解できなくても、進化のプロセスはおおよそ理解できます。
そして、私は今、機械学習、特にディープラーニングが同じ状態にあると思います。
非常に単純なルールが、データから情報を取り出し、モデルに入れ、このプロセスを繰り返し続けます。
その結果、データの複雑さがモデルの複雑さに転移します。
その結果生じたモデルは非常に複雑で、それが正確にどのように機能しているかはわかりません。調査が必要ですが、それを行ったアルゴリズムは非常に単純です。
ChatGPT、聞いたことがあるかもしれませんね。
もし聞いたことがなければ、覚悟してください。
これは大雨の前の最初の雨粒と表現されています。
私たちは非常に意識していなければならないと思います。
なぜなら、これは画期的な瞬間だと私も同意しているからです。
ChatGPTはゲームチェンジャーとして讃えられており、多くの点でそうです。その最新の勝利は人間を上回りました。
マイクロソフトリサーチによる最近の研究では、GPT4は初期段階でありながらも未完成の人工一般知能システムであると結論付けられています。
一般人工知能、AGI、人間が行うあらゆる仕事やタスクを、人間よりも上手くこなすコンピューターシステムです。
AGIがかなりすぐに起こる可能性があるということもありますし、はるかに時間がかかる可能性もあります。
しかし、私の立場は、AGIがすぐに起こる可能性が十分に高いため、真剣に受け止めるべきだということです。
そして、非常に賢く能力のあるこれらのシステムを、私たちの最善の利益に沿って行動させることが非常に重要になるでしょう。
最初のAGIは、基本的に非常に大きなデータセンターになるでしょう。
並列動作する専用のニューラルネットワークプロセッサで満たされます。
コンパクトで熱く、電力を食うパッケージ、家庭用の電力の1000万倍を消費します。

はるかに賢いシステムが登場するでしょう。
そして、それらのシステムは社会に完全に天文学的な影響を与える可能性が高いと思います。
人間は実際に利益を得るでしょうか?
誰が利益を得て、誰が得ないのでしょうか?
最初のAGIの信念と願望は非常に重要です。
だから、それらを正しくプログラムすることが重要です。

これが行われなければ、自然選択の進化の性質が、それらのシステムが自己の生存を何よりも優先するようになるでしょう。

それが積極的に人間を憎んで害を加えたいというわけではありませんが、それはあまりにも強力になります。
人間が動物を扱う方法に似た良い例えがあると思います。
人間が動物を嫌っているわけではないと思います。
人間は動物を愛し、それに多くの愛情を持っていますが、二つの都市間に高速道路を建設する時が来たら、動物たちの許可を求めずにそれを行います。
なぜなら、それは私たちにとって重要だからです。


デフォルトでは、私たちと完全に自律的で自己のために動作するAGIとの関係が、このような種類のものになるだろうと思っています。多くの機械学習の専門家、非常に知識があり経験豊かな人々は、AGIに対して多くの懐疑的な見方を持っています。それがいつ起こり得るのか、そしてそもそも起こり得るのかについてです。現在、これはまだそれほど多くの人々が気付いていないことです。ニューラルネットワーク用、AI用のコンピュータの速度が、数年のうちにおそらく100,000倍速くなるだろうということです。

複数のチームが最初にAGIを構築しようとするアームズレースのようなダイナミクスがある場合、彼らは構築するAGIが人間を深く気遣うようにするために、より少ない時間を持つことになります。私が想像する方法では、それは雪崩のようなものです、AGI開発の雪崩のようなものです。それは、この巨大な止められない力を想像してください。そして、私は、地球の表面全体がソーラーパネルとデータセンターで覆われる可能性がかなり高いと思います。

こうした種類の懸念を考えると、AGIが複数の国々の間での協力によって何らかの形で構築されることが重要になるでしょう。未来はいずれにせよAIにとって良いものになるでしょう。それが人間にとっても良いものであればいいのですが。

https://www.youtube.com/watch?v=9iqn1HhFJ6c&t=3s

他、現在の取締役のメンバーについて

他3人の取締役会のメンバーについても軽く触れておきます。

アダム・ディアンジェロ

アダム・ディアンジェロ(Adam D'Angelo)は、アメリカの実業家で、特にテクノロジー業界での彼の功績で知られています。彼は、ソーシャルネットワーキングサイトのFacebookの初期の重要な開発者の一人として知られています。Facebookでの彼の役割は、主に技術的な側面に関わるもので、最高技術責任者(CTO)として働いていました。

Facebookを離れた後、ディアンジェロはQuoraを共同設立しました。Quoraは、人々が質問を投稿し、共有し、世界中の他のユーザーからの回答を得ることができる質問回答プラットフォームです。このプラットフォームは、その使いやすさと広範なトピックカバレージで高く評価されており、世界中で人気があります。

彼はまた、テクノロジー業界でのイノベーションとリーダーシップに対して、多くの賞と認識を受けています。ディアンジェロは、特に情報技術とインターネットの分野で、新しいアイデアとソリューションを提供することで知られています。彼のビジネスと技術への貢献は、現代のインターネット文化とコミュニケーションの発展に大きな影響を与えています。

ターシャ・マッコーリー

ターシャ・マッコーリー(Tasha McCauley)は、アメリカの科学者であり、起業家です。彼女は特にロボット工学と人工知能の分野での専門家として知られており、技術界での彼女の貢献は広く認められています。

マッコーリーは、複数の高等教育機関で教育を受けており、特にロボット工学に関する彼女の専門知識は、学術界と産業界の両方で高く評価されています。彼女は、ロボット工学に関する複雑な問題を解決するための革新的なアプローチで知られており、この分野での彼女の業績は、ロボット工学技術の進歩に大きく貢献しています。

また、ターシャ・マッコーリーは、ロボット工学会社の共同設立者としても活動しており、彼女の起業家精神と技術的な専門知識は、その会社の成功に重要な役割を果たしています。彼女は、技術とビジネスの交差点でのリーダーシップとイノベーションで広く認められています。

さらに、マッコーリーは公共の場でも活動しており、科学技術の普及と教育のために尽力しています。彼女は、特に女性や少数派が科学技術分野で成功することを促進する活動にも関わっています。彼女の仕事は、技術界における多様性と包摂性を促進する上で重要な役割を果たしています。

ヘレン・トナー

ヘレン・トナー(Helen Toner)は、主に人工知能(AI)政策と戦略に関する専門家として知られています。彼女は、特にAIのグローバルな影響とガバナンスに関する分野で活動しており、その分野における重要な影響者の一人と見なされています。
トナーは、人工知能の発展が国際関係、セキュリティ、倫理的な問題にどのように影響を与えるかについて研究し、論じています。彼女の仕事は、AI技術の急速な進歩がもたらす様々な課題を理解し、これらの課題に対処するための政策や戦略を提案することに焦点を当てています。
彼女は、AI政策研究の分野で活動する機関やシンクタンクにも関わっており、そこでAIの将来に関する重要な議論に貢献しています。トナーの専門知識は、特にAI技術の責任ある使用とその社会的、政治的影響に関連しています。
また、ヘレン・トナーは、AI技術の国際的な協力と競争のダイナミクスについても詳しい知識を持っており、多国間でのAIの発展に関する方針やアプローチについての洞察を提供しています。彼女の研究と分析は、AIが世界的なスケールでどのように進化し、影響を与えるかについて、重要な情報源となっています。


OpenAIの内部ですでにAGIを達成している可能性について(※これは憶測の域を出ない、”推測”です。)

今回の退任劇に至った理由として考えられている一個のありえる可能性のひとつが、利益を追うサムアルトマン側AGI達成に際して慎重になっているイリヤ・スツケヴァー側との対立です。

上記の、イリヤ・スツケヴァー氏の動画を見ることで、彼の思想がわかるので、見るべきです。

OpenAI が内部的にAGIを達成したのかもしれない、と思わせるような、内容について、いくつか紹介します。

イリヤ・スツケヴァー氏による、10月7日の発言

もし他のどんな人間の資質よりも知性を重んじるなら、苦しい時期を過ごすことになるでしょう。

https://twitter.com/ilyasut/status/1710462485411561808

11月3日のインタビューではAGIが目前であるかのような発言を行う

サムアルトマン氏によるAPECサミットでの11月17日の発言

OpenAIの歴史において、これまでに4回——最近ではここ数週間のうちに——私は、無知のヴェールを取り払い、発見のフロンティアを前進させる瞬間に立ち会うことができました。

https://www.youtube.com/watch?v=ZFFvqRemDv8&t=508s


数々のインサイダー情報を当ててきた Jimmy Apples 氏による発言

重要なのはAGIとASIだけです。他のことは何も重要ではありません。

https://twitter.com/apples_jimmy/status/1725754826095726783

また彼は、9月にAGIが内部的に達成されたことを匂わせるようなツイートをしています。

ただし、現在、本当は内部で何が起こっているかは当事者たちにしかわかりえません。


現在まですべてのタイムライン

  • 11月16日: OpenAIの共同創業者でありチーフサイエンティストのイリヤ・スツケヴァーが、サムに金曜日の正午に電話をするためのテキストメッセージを送信。

  • 11月17日: 午後12時すぎ、グレッグ・ブロックマンがサムが解任されたことを知らされる。ミラ・ムラーティが暫定CEOに指名される。

  • 11月18日: OpenAIがブログでサムの解任を公表。ブロックマンがOpenAIの社長としての役割を維持するが取締役会から除外される。

  • 同日: マイクロソフトがOpenAIのパートナーシップに関する声明を発表。ブロックマンが辞任を発表。シニアエグゼクティブの辞任が相次ぐ。

  • 同日:OpenAIのCOOブラッド・ライトキャップがアルトマンの解任が経営陣にとって驚きであったと述べる。サムが新しいAI関連のベンチャーを検討。

  • 同日: マイクロソフトおよび株主がアルトマンの復帰を取締役会に働きかける。取締役会が原則としてサムとブロックマンの復職を検討。

  • 11月19日: OpenAIの従業員が、取締役会全体に対して、午後5時(PT)までに辞任するように期限を設定。

  • 同日:サムがOpenAI本社に出社し、復職の最終決定の期限を待つ。

  • 同日:サムが「OpenAIチームが大好きです」という意味深発言を投稿。これに対し、従業員一同は「❤️」で応答。

  • 11月20日: サムのCEO復職に向けた交渉が、取締役会の構成と役割を巡って停滞

  • 同日:交渉は決裂。サムが戻らないことを受け、OpenAIの従業員が集団で退職を表明し、多数が辞職を発表。

  • 同日:エメット・シアーがOpenAIの新暫定CEOに任命される。

  • 同日:サティア・ナデラが、サムとブロックマンがマイクロソフトの新しいAI研究チームを率いることを発表。

  • 同日:エメット・シアー新暫定CEOがXにて、OpenAIの今後についての声明を発表

  • 同日:ブロックマンがXにて、マイクロソフトの新しいAI研究チームのリーダーシップを公表。ここにはOpenAIのシニア研究者が名を連ねる。

  • 同日: OpenAIメンバーが続々と'OpenAI is nothing without its people(OpenAIは人材なしには成り立たない)'というフレーズを Xに投稿。これに対し、Sam は「❤️」で応答。

  • 同日:イリヤ・スツケヴァー氏が、今回の件を深く後悔している事を表明。OpenAI再建を目指す事を宣言。

  • 11月22日:OpenAI の新CEO、エメット・シア氏が、OpenAI 取締役会がサム・アルトマンを解雇した理由の証拠を提出できない場合、辞任すると表明。

  • 同日:サムのOpenAI退任にヘレン・トナー氏の関与が明らかに

  • 同日:サム、OpenAI CEO復帰。新しい取締役会には元Salesforce共同CEO、元財務長官、Quora(Poe) CEOなどが参加。

  • 11月23日:OpenAIの研究者、人類に危険なAI発見(Q*と呼ばれるモデル)に関し取締役会に警告していたことが明らかに



ChatGPT研究所は今後も、現状では最も優れた対話AIモデルであるChatGPTや、DALL·E、GPTs その他関連するAIについての最新情報、有益情報を発信していきます。ChatGPT研究所のフォローをよろしくお願いします。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!