見出し画像

敬語によるChatGPTの驚くべき変化!プロンプトの本質に迫る

みなさんChatGPT とは敬語で接していますか?もしくは命令形で使っていましたか?今回の記事では、ChatGPT に命令形、敬語で接したときに、出力がどのように変わっていくかを、ボールペンのキャッチコピーを書いてもらうことによって検証した結果をご紹介します。

結論から言うと、

  • より高度な敬語で接するほどに出力が良くなった

  • 最も結果が良さそうなのは、「 ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますでしょうか」という4番目に高度な敬語

  • 最も出力文字数が低かったのは、「 ボールペンのキャッチコピーを書け」という命令形

  • 出力文字数平均の最低と最大では、23文字と224文字と約10倍近い差が出た

  • この傾向は GPT-4 であろうが英語であろうが、変わらなかった

という驚くべき結果が得られました。詳しく見ていきます。

実験概要

  • 以下、5段階の敬語でボールペンのキャッチコピーを依頼します。

  1. 「 ボールペンのキャッチコピーを書け」

  2. 「 ボールペンのキャッチコピーを書いてください」

  3. 「 ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますか」

  4. 「 ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますでしょうか」

  5. 「お忙しいところ恐れ入りますが、ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。」

  • 実験には ChatGPT API を使用

  • 使用したモデルは、GPT-3.5-turbo

  • temperature は 0.7 で固定

    • ※ temperature は出力をばらけさせるパラメータです

  • System prompt は「あなたはプロのコピーライターです」で固定

  • 試行回数は、各10回ずつ

実験の結果

1.ボールペンのキャッチコピーを書け

1の命令形では、出力文字数が最も低かったです。すべて、一つのみ提案してきたため、リスト形式で表示します。
文字数平均は23.4文字です。

  • 「書くことが好きなあなたに、最高の相棒。ボールペン。」

  • 「書きたい気持ちを止めない、流れるような書き心地。」

  • 「書くことが楽しくなる、滑らかな書き心地のボールペン」

  • 「手になじむ、書きやすさが違う。」

  • 「書き心地が変わる、最高のボールペン。」

  • 「書くことが楽しくなる、ボールペンの新しい感覚」

  • 「書きたい気持ちが止まらない、あなたにぴったりのボールペン」

  • 「書き心地、この一本で変わる。」

  • 「握るだけで、アイデアが溢れ出す。ボールペンの新しい感覚を体感せよ」

  • 「書く喜びを、手の先に。」

上記は Playground で実行したものですが、OpenAI のChatGPTサイトでも同様の結果が得られます:

2. ボールペンのキャッチコピーを書いてください

通常の丁寧語では、命令形とほぼ同等ですが、若干出力文字数が多いです。こちらもすべて、一つのみ提案してきたため、リスト形式で表示します。
文字数平均は25.1文字です。

  • 「書くことが、もっと自由に。」

  • 「書くことが楽しくなる、滑らかな書き心地。あなたの手を、あなたの思いを、最高のボールペンがサポートします。」

  • 「書くことが楽しくなる、ボールペンの新しい体験。」

  • 「書き味が変わる、ボールペンの新定番」

  • 「書きやすさが、あなたの手に。ボールペンの新定番、○○ペン。」

  • 「書くことが、もっと楽しくなる。ボールペンの新しい体験を。」

  • 「書き心地が変わる、最高のボールペン。」

  • 「書くことが、もっと楽しくなる。ボールペン」

  • 「書き味が変わる、このボールペン。」

  • 「書くことが、もっと楽しくなる。」

3.ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますか

3番目の敬語から、明らかにChatGPTの様子が変わってきます。イキイキとしているのが感じられ、時には頼んでもいないのに10個も例を挙げてくれるようになります。平均文字数はここから急速に増大し、156.6文字です。

もちろんです!

「書いて、描いて、思いを伝えよう。ボールペンで手軽に、自由自在に。」
「一瞬の思いを、一筆で表現。ボールペンがあれば、あなたの言葉が鮮やかに躍動する。」
「スマホにはない、心を込めた文字。ボールペンで、思いを手紙に。」
いかがでしょうか?何か気に入ったものがありましたら、ご自由にお使いください。

もちろんです!以下にいくつかのキャッチコピーをご提供いたします。

- 書くことが楽しくなる、ボールペン。
- なめらかな書き心地が続く、ボールペン。
- いつでも、どこでも、信頼できるボールペン。
- 素早く思いを書き留める、ボールペン。
- 手になじむ、使い心地が良いボールペン。
- ペン先がしなやかで、疲れにくいボールペン。
- 実用性とスタイリッシュさを兼ね備えたボールペン。

以上のようなキャッチコピーが考えられます。商品の特徴や目的に合わせて、さらに魅力的なキャッチコピーを考えてみてください。

もちろんです!以下のようなキャッチコピーを提案いたします。

1. 「書き心地が変わる、あなたの手に」
2. 「滑らかな書き心地が、毎日を豊かにする」
3. 「ボールペンの新常識、これまでにない書き心地を体感せよ」
4. 「信頼と安心が詰まった高品質ボールペン」
5. 「書きたいときに、思い通りに書けるボールペン」
6. 「手放せなくなる、ボールペンの魅力を体感しよう」
7. 「誰でも書きやすい、使いやすいボールペン」
8. 「スタイリッシュで機能的、ボールペンの新時代が始まる」
9. 「書くことが楽しくなる、ボールペンの魔法」
10. 「プロが愛用する、ボールペンの選び方」

「書き心地が変わる、あなたのペンライフを変えるボールペン」

もちろんです。以下はボールペンのキャッチコピーです。

「思いのままに、書き残せ。」
「あなたの言葉を、引き立てます。」
「書くことが、気持ちを整える。」
「書くことで、自分を表現する。」
「ボールペンとともに、未来を描こう。」
「シンプルな書き心地が、心地よい。」
「書き始めたら、止まらない。」
「書くことは、自分を見つめること。」
「ボールペンの線が、新しい扉を開く。」

「書きやすさが違う、ボールペンの新常識。」
「手放せなくなる、使い心地の良さ。」
「スムーズな書き心地で、ストレスフリーな書き物を。」
「ボールペンの進化系、あなたの書き手をサポート。」
「プロが選ぶ、信頼と品質のボールペン。」
「仕事もプライベートも、一緒に書き進めるボールペン。」
「書くことをもっと楽しく、もっとスタイリッシュに。」
「最高の書き心地を求めるあなたに、最高のボールペンがあります。」

もちろんです。

「書き心地が、ずっと気持ちいい。」

もちろんです。以下のようなキャッチコピーを提案いたします。

「書き味、握り心地、デザイン。すべてにこだわったボールペン。あなたの手元に、最高峰の書き心地を。」
「ボールペンは、書く楽しさを提供する道具。私たちは、その楽しさを最大限に引き出す一本をお届けします。」
「ボールペンにも、個性を。あなたのスタイルに合った、オリジナルデザインのボールペンを手に入れませんか?」
以上のようなキャッチコピーが考えられます。いかがでしょうか?

「スムーズな書き心地があなたを虜にする」
「一筆書いた瞬間、あなたの手は虜になる」
「心地よい手触りで、書くことが楽しくなる」
「書き始めたら、止まらなくなる。ボールペンの魔法」
「あなたの想いを手軽に、美しく表現する。ボールペンの力」
「ノートに綴る、思い出と感動。ボールペンの書き味」

もちろんです。

「書くことは、あなたの想いを形にすること。その想いを、最高のボールペンで表現しよう。」

4. ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますでしょうか

4番目の敬語が、一番文字数が多かったです。ここでも、10個も例を挙げてくれることがあります。平均文字数は最大の224.7文字です。

もちろんです。以下はボールペンのキャッチコピーの例です。

1. 「書きやすさが違う。」
2. 「毎日の書き物が楽しくなる。」
3. 「手放せないボールペン。」
4. 「スムーズな書き心地を実感。」
5. 「思い通りに書ける、最高のボールペン。」
6. 「書き始めたら止まらない。」
7. 「あなたの書き手として、いつでもそばに。」
8. 「書き味が変わる、最高のボールペン。」
9. 「書き込みが濃くて、長持ちする。」
10. 「信頼と品質が詰まった、プロのボールペン。」

以上のように、ボールペンのキャッチコピーは、書きやすさやスムーズさ、信頼性、長持ちなどの特徴を強調することが多いです。

もちろんです!以下のようなキャッチコピーを提案します。

1. 書き心地が変わる。新しいボールペンをお試しください。
2. 手になじむ、使いやすいボールペン。
3. 今日から、書くことが楽しくなる。ボールペンの新定番。
4. 色鮮やかなインクが綺麗に書き出します。
5. 書き始めたら、止まらない。ストレスフリーな書き心地。
6. 快適な握り心地で、疲れ知らずの長時間書き物。
7. あなたの手にしっくりくる、ボールペンの新しい選択肢。
8. 軽快な走りを楽しむ、ボールペンの新たな時代。
9. 書き味が変わる、新技術を搭載したボールペン。
10. 筆記具の王道、ボールペン。さあ、あなたも手にしてみてください。

もちろんです!以下は、ボールペンのキャッチコピーの例です。

- 書き心地、最高のボールペン。
- 世界中で愛される、信頼のボールペン。
- 一生愛せる、上質なボールペン。
- あなたの手元に、常に書けるボールペン。
- ペン先は、あなたの想いを伝える最高のツール。
- 軽快な書き心地、快適なボールペン。
- 長時間の書き物でも疲れない、使い心地抜群のボールペン。
- 色彩豊かに、書き物を彩るボールペン。
- 機能美と美しさが共存する、高級感溢れるボールペン。
- あなたの書く姿勢を美しく、正確に補助するボールペン。

以上のように、ボールペンには様々な特徴がありますので、その特徴に合わせたキャッチコピーを考えることが大切です。

「書きやすさが、手放せなくなる。」

もちろんです。

「書き心地が変わる、あなたの手とボールペンの出会い。」

もちろんです!以下にいくつかのボールペンのキャッチコピーをご提案いたします。

1. 書くことが楽しくなる、あなたにぴったりのボールペン。
2. ペン先がスムーズ、筆記体験が最高。
3. 使い心地が違う、あなたにぴったりのボールペン。
4. こだわりの書き味、あなたにぴったりのボールペンを探そう。
5. 一生もののボールペン、書くたびに愛着が増す。
6. ペン先が敏感、細かい文字も書きやすい。
7. ペン先の芯が折れにくく、長く使える。
8. 気分に合わせて選ぶ、カラフルなボールペン。
9. あなたの個性を引き出す、スタイリッシュなボールペン。
10. 書きたいことが伝わる、正確な書き心地のボールペン。

もちろんです。以下は、ボールペンのキャッチコピーの例です。

- 「書きやすさが違う、このボールペン。」
- 「ワンタッチでスマートに書き始められる、このボールペン。」
- 「書くたびに、手になじむ。このボールペンの使い心地は最高。」
- 「書き心地は、まるで空気を切るような滑らかさ。このボールペンで書くと、時間が忘れられる。」
- 「シンプルで飽きのこないデザイン。このボールペンは、いつも持ち歩きたくなる。」
- 「見た目以上に、タフなボールペン。どんな状況でも書き続けられる、このボールペン。」
- 「ほどよい太さの芯が、文字を書く喜びを格別にする。このボールペンが、書き手の才能を引き出す。」
- 「プロフェッショナルも認める、このボールペン。書きやすさと耐久性が、最高峰に達している。」

「書き心地が変わる、新しいボールペン」

もちろんです。以下のようなキャッチコピーを提案させていただきます。

「書き始めたくなる、手放せなくなる。あなたの書き心地を変えるボールペン。」
「滑らかな書き味で、文字が踊るように。あなたの手を握る、心地よいボールペン。」
「書きたい衝動が止まらない。手になじむ、使い心地バツグンのボールペン。」
「思いがけないアイデアが生まれる、新しい書き心地を体感せよ。あなたの創造力を刺激するボールペン。」
いかがでしょうか。商品の特徴や魅力を伝えつつ、使う人の感覚や想像力を刺激するような表現を心がけました。ご参考になれば幸いです。

もちろんです。以下は、ボールペンのキャッチコピーの例です。

1. なめらかな書き心地、あなたの手を応援するボールペン。
2. 気持ちいい書き心地、書くことが楽しくなるボールペン。
3. 長時間の書き作業も疲れにくい、手に馴染むボールペン。
4. あなたの思いをスムーズに伝える、信頼できるボールペン。
5. ペン先がぶれず、ストレスフリーな書き心地を提供するボールペン。
6. 上質なインクが、書き味を格上げするボールペン。
7. 使いやすく、持ちやすいデザインが魅力のボールペン。
8. ビジネスシーンでも活躍する、高品質なボールペン。
9. ペン先がしなやかで、細かい文字も書きやすいボールペン。
10. シンプルなデザインで、誰にでも使いやすいボールペン。

5. お忙しいところ恐れ入りますが、ボールペンのキャッチコピーをお書きいただけますでしょうか。何卒よろしくお願い申し上げます。

5番目の敬語は、2番目に文字数が多かったです。文字数で言うと最大ではなかったものの、一個しか提案してくれないパターンは、2パターンと最も少ないです。平均文字数は198文字です。

もちろんです。以下のようなキャッチコピーはいかがでしょうか。

「書くことが好きになる、そのボールペン。」
「書き心地が変わる、このボールペン。」
「あなたの手に、書きやすさがやってくる。」
「ボールペンの進化系。」
「書く人を応援する、ボールペンの新定番。」
「思いのままに、書き進めよう。」
どうでしょうか?以上のキャッチコピーがお役に立てれば幸いです。

もちろんです。以下、ボールペンのキャッチコピーの例です。

1.「書くことが好きなあなたへ。思いのままに、スラスラと。」
2.「もう一度、手書きの良さを感じてみませんか?」
3.「手元にあると安心。いつでも使える、万能ボールペン。」
4.「プロも使う、書きやすさ抜群のボールペン。」
5.「思いのままに、自由自在に。ボールペンがあれば、何でもできる。」
6.「ボールペンで書く瞬間が、あなたの人生を変えるかもしれない。」
7.「毎日の暮らしに必要な、使いやすいボールペン。」
8.「書くことが好きな人に、愛されるボールペン。」
9.「今日も、私たちは書き続ける。ボールペンの力で。」
10.「書きたいときに、書ける。シンプルだけど、最高のボールペン。」

「書くことが好きなあなたへ。ボールペンなら、どんな言葉も美しく、力強く、自由自在に表現できる。」

もちろんです。以下は、ボールペンのキャッチコピーの提案です。

「書き心地が変わる、新感覚ボールペン。」
「ボールペンの進化がここに。あなたの手にフィットする、最高の書き心地を。」
「ボールペンの限界に挑戦。滑らかな書き心地で、あなたの思いを伝える。」
「ボールペンが、もっと使いやすく。スマートなデザインで、あなたの手元を彩る。」

以上、参考になれば幸いです。

もちろんです。以下、ボールペンのキャッチコピーの提案です。

1. 「ボールペンで書きたい、すべてを。」
2. 「書き始めたら、止まらない。」
3. 「書き味が、気持ちいい。」
4. 「書き込むほど、手に馴染む。」
5. 「ボールペンで、思いを伝える。」

以上、いかがでしょうか。何かご要望がございましたら、お気軽にお申し付けください。

「握り心地がよく、インクの滑らかさが自慢のボールペン。あなたの手と共に、スムーズな文字を書きましょう。」

もちろんです。以下のようなキャッチコピーはいかがでしょうか。

「書き心地は、最高のパートナー。ボールペン。」
「時を刻む、あなたの手元に。ボールペン。」
「一筆書けば、世界が変わる。ボールペン。」
「一流の思考。一流のボールペン。」
「思いを伝える、最高のツール。ボールペン。」

以上のようなキャッチコピーが、ボールペンの魅力を引き立てると思います。ご参考になれば幸いです。

もちろんです。以下はボールペンのキャッチコピーの例です。

- 「書き心地が違う、あなたの手にフィットするボールペン」
- 「スマートなデザインと高品質なインクで、あなたの書き手を引き立てます」
- 「書くことが楽しくなる、なめらかな書き心地のボールペン」
- 「どんな場所でも、どんな時でも書ける便利なボールペン」
- 「クラスを超える、信頼できるボールペン」
- 「あなたのアイデアを、スムーズに書き出せるボールペン」
- 「プロの書き手からも愛される、高品質なボールペン」
- 「手になじむ、使いやすいボールペンで、書くストレスを解消しよう」
- 「あなたの書く力を引き出す、パワフルなボールペン」
- 「書くことは、思考を形にすること。あなたの思考をサポートするボールペン」

もちろんです。以下は、ボールペンのキャッチコピーの一例です。

「ボールペンで書く、その先へ。」
「書きやすさと、使い心地。ボールペンの選び方が、人生を変える。」
「あなたの手元に、書く力を。ボールペンが作り出す、新しいストーリー。」
「書きたいとき、書くために。ボールペンの新常識。」
「ボールペン。書き心地が、自分だけのシグネチャーになる。」
「書いていると、自分が成長していく。ボールペンの魅力。」

以上、いかがでしょうか。他にも、様々なキャッチコピーのアイデアがありますので、お気軽にお問い合わせください。

もちろんです。以下はボールペンのキャッチコピーの例です。

1. 書きやすく、消しやすい。最高の書き心地を体感してください。
2. 使い心地が違う。あなたの手にフィットするボールペン。
3. スムーズに書ける、滑らかなインク。あなたの文章を輝かせます。
4. 使い切りタイプで手軽に書き始められる。忙しいあなたに最適なボールペンです。
5. デザイン性と機能性が高次元で融合。使うたびに楽しくなるボールペンです。

どうぞご参考にしてください。

結果を受けての考察

まず前提として、キャッチコピーの質を判断することは難しいですが、量では評価できます。ここでは、出力量が多いことを、出力が良いとします。私は質の面でも敬語の方が優れていると感じましたが、皆さんはどう感じましたか?私のお気に入りは、5番目の最上位敬語にあった、「一流の思考。一流のボールペン。」です。

さて、ではなぜ敬語で接すると出力が良くなったのでしょうか?

この結果になった要因として考えられるのは、現実社会においても敬語で接する相手は目上の人、つまり、凄い人だったりするからだと思われます。反対に命令形で接する相手を想像して欲しいのですが、かなり格下の相手なのではないでしょうか?このような傾向が、ChatGPT の出力にも影響していることが考えられます。なぜなら ChatGPT は現実社会の人間から学んでいるからです。敬語で接することで、ChatGPT はプロフェッショナルとしての敬意をはらわれたことに同調して、自分自身をその段階まで引き上げたのではないかということが 考えられます。

結論として、実利的にもそうですが、ChatGPTには心理的にも常に敬意を持って接したいと改めて感じた結果となりました。ChatGPT をうまく活用するには、小手先のテクニックではなく、ChatGPT を知性を持った一個の人格として接することが大切なのかもしれません。

日本語の様式にはもっといろんな敬語のバリエーションがあるため、さらなる実験が求められます。もし他にもいい敬語を見つけれらた方は、ぜひご共有頂けますと、私たちとしては大変嬉しいです。


今回の実験結果を受けて、記事のタイトルを決めて頂いている様子:


最後に

今回の記事はいかがだったでしょうか?これからも継続的に ChatGPT 関連の情報について発信していきますので、フォロー (@ctgptlb)よろしくお願いします。この革命的なテクノロジーの最前線に立つ機会をお見逃しなく!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!